TOP > ええじゃないか推進委員会
概要
会長挨拶
イベント紹介
炎の祭典委員会
ええじゃないか推進委員会
制作提言委員会
事業推進委員会
地域連携委員会
広報総務委員会
会員交流委員会
豊橋フォトギャラリー
同好会
その他活動
リンク集
豊橋商工会議所青年部(事務局)
〒440-8508
豊橋市花田町石塚42-1
豊橋商工会議所内
TEL(0532)53-7211
FAX(0532)53-7210
tyeg@toyohashi-cci.or.jp
 
委員長 福嶋 巌
幕末、空から伊勢神宮のお札が降って、瞬く間に日本中に広まったと言われる「ええじゃないか」騒動。その「ええじゃないか」発祥の地「豊橋」を会員への浸透はもとより、地域イメージとしての「ブランド化」を目指して、豊橋まつりでは「ええじゃないかパレカ」で市民や観光客へのPR活動を実施すると共に、他団体との広域的な交流を通じて全国へ「ええじゃないか」を発信していきます。今年も青年部の持つ爆発的なエネルギーを「ええじゃないか」で実践していきます。

主な活動内容
ええじゃないか事業
エコテクノレース支援
炎の祭典運営協力
豊橋まつりパレカ支援


平成のええじゃないか行脚隊2008

「平成のええじゃないか行脚隊2008と伊勢YEGとの交流事業報告」

豊橋YEGは、今年で3回目となる「平成のええじゃないか行脚隊2008」の一行として平成20年7月12(土)〜13(日)に伊勢YEGとの交流事業を行いました。

初日の12日は、午前中とはいえ汗ばむほどの暑さの中、牟呂八幡宮(豊橋市牟呂町)で真剣にご祈祷を受け、鼓楼よりお札を蒔きました。

午後は外宮を参拝。伊勢YEGがまだ試験中とのことでしたが、人気の高い案内役(初老の男性)の説明をFM電波で飛ばし、個々人がレシーバーで聞くという画期的な体験をさせていただきました。説明の所々にクイズもあり、案内役の方が、勢いよくパンと手を一回打って指を指し、「正解!その通り!」と言っていたのが、レシーバーを通して耳にこびりついて離れませんでした。

さて、その日の夜、メイン事業の伊勢YEGとの交流会が賑やかに行なわれ、今後も更に交流を深めることを誓い、そして伊勢YEGの事業PR、豊橋YEGからは「炎の祭典」を中心にPRし、伊勢の夜は更けていきました。

翌日の13日は天候に恵まれて早朝の内宮参拝。ところで、前日の外宮は左側通行、この日の内宮は右側通行ですが、なぜだかわかりますか?・・・理由は手洗所(手水舎)が外宮は左、内宮は右にあるからなんです(正解された方には、勢いよくパンと手を一回打って指を指し、「正解!その通り!」)。

さあ、いよいよ行脚の時間です。大黒屋の2階のとても広々とした場所で着替え、顔を白塗りでお化粧。いったい誰が誰なんだか判らないほど、身も心も幕末へとタイムスリップ。

太鼓隊の華やかな先導で“平成のええじゃないか行脚隊2008”が、伊勢神宮門前のおかげ横丁を練り歩きながら、道中の観光客やお店の方々に「炎の祭典」のチラシを配布しながら豊橋をPRしました。炎天下もなんのその、「ええじゃないか、ええじゃないか」と伊勢YEGの青木会長をはじめ何人かにも参列していただきました。おかげ横丁の中心にある、太鼓櫓(やぐら)の上からお札を蒔き、再度豊橋の観光をPR、大賑わいの内に終えることができました。
取材担当 広報総務委員会 宮田滋剛

豊橋まつり「ええじゃないか豊橋ダンスコンテスト」「ええじゃないか豊橋パレカ」
http://www.eejanaika.com/


平成20年7月12日(土)〜13日(日) 牟呂八幡宮(豊橋市牟呂町)〜伊勢神宮

じっとしていても汗ばむ程の暑さの中、牟呂八幡宮から行脚スタート

神妙に御祈祷を
 
鼓楼より御札撒き

まずは参拝のお作法を習いました。
 
まずは参拝のお作法を習いました。
 
ガイドさん(写真右側)の説明は
わかりやすい!

木漏れ日さえもまぶしい
 
夏らしい日でした
 
ガイドさんの名札

夜の懇親会
 
豊橋PRタイム
 
明日もよろしくお願いします。

2日目のスタート
 
内宮は空気が違う・・・
 
内宮参拝記念

行脚の準備・・入念に
 
!!艶っ!!
 
こんなになっちゃいました

おかげ横丁を練り歩き
 
充実の笑顔
 
ファイナル!

ええじゃないか!




第10回豊橋エコテクノレース&エコハイ

「第10回豊橋エコテクノレース&エコハイ」に応援参加してきました。

「豊橋エコテクノレース」は次世代の交通システムやリサイクルを兼ね備えた都市環境など、21世紀の新しい自動車社会像を考える機会として平成11年度から始まりました。

われわれ青年部は、
人と自然とが共生できる恵み豊な環境を考える
次世代に継承できる環境に配慮した車社会の在り方を考える
ものづくりの心を育てる機会
という観点から、毎年運営を支援しています。

運営支援の内容
車両検査 (ルール通りに製作されているかを確認する)
運転技術テスト (二輪車で一本橋、スラローム走行)
車両の誘導
正面ゲートの管理
開会式・表彰式の運営

表彰式では、磯村直英大会会長が、「環境を考え、省エネ技術を競う大会。皆さんの協力で第10回目の節目にふさわしい大会になりました。来年も開催しますので、ぜひ参加を。」と会場の皆様に呼びかけていました。我々青年部もよりよい大会にするために運営支援を行ない続けます。

ええじゃないか推進委員会 委員長 福島 巌

なお、大会の結果は、商工会議所のホームページからご覧になれます。

エコカーチャンピオンシップはこちら>>>


平成20年5月31日・6月1日 万場調整池

天気にも恵まれました。

 
 
鈴木会長も汗をかきました。
 
こんな風になってるんですね。
 
名調子の司会は竹内専務理事。
         

福島委員長、真剣そのものです。
 
皆さんの熱気でスタート前から
ヒートアップ!?
 
音響担当の安藤さん白井さん
お疲れ様です。
         


Copyright (C) 2008 Toyohashi Young Entrepreneurs Group. All Rights Reserved.