TOP > ええじゃないか推進委員会

豊橋商工会議所青年部(事務局)
〒440-8508
豊橋市花田町石塚42-1
豊橋商工会議所内
TEL(0532)53-7211
FAX(0532)53-7210
tyeg@toyohashi-cci.or.jp
 
委員長 
権田 のり子
「ええじゃないか」は、慶応3年、明治維新の年の夏、豊橋 牟呂地区に伊勢のお札が降り、人々は「ええじゃないか」と唄い踊り、伊勢詣りをしたことなどが伝えられていることで豊橋が「ええじゃないか発祥の地」と言われています。「ええじゃないか」の認知度を高めるため「ええじゃないか豊橋」をキャッチフレーズとしブランディングを目指します。さらに、ええじゃないか行脚では伊勢との航路を持つ湊町、宿場町、城下町として500年以上も栄えた歴史と文化がある豊橋を各地へアピール。その一環として古きに航路によって交易があった伊勢との交流を行います。ええじゃないか活動では、豊橋YEGの皆様、他単会、親会、行政など多くの団体と連携をはかりビジネスそして観光の発展に繋げて行きたい考えています。

主な活動内容
「ええじゃないか豊橋」の認知度向上のためのブランディング
企業等への「ええじゃないか豊橋」パッケージ印字等の推進
伊勢との交流促進
豊橋まつりへの参加協力

ええじゃないか行脚隊
炎の祭典運営協力
他委員会への積極的参加

平成21年10月16・17・18日(金・土・日) 豊橋まつり

豊橋まつり前夜祭2009年10月16日(金)
     
   
豊橋まつり総おどり2009年10月17日(土)
     
   
         
     

豊橋まつり『ええじゃないか豊橋』パレカ 2009年10月18日(日)
     
   
         
     
         
     
         
     
         
     
         
 
 
         
   

平成21年7月11・12日(土・日) 平成の舟参宮ええじゃないか行脚隊2009

ええじゃないか推進委員会は、過去5年間、豊橋が発祥の地とされる「ええじゃないか」を、まちづくりのキーワードとして発信してきました。今年で4回目となるええじゃないか伊勢行脚は、ええじゃないかの広域的地域ブランド化を目指し、平成22年に行われる60年に一度のお陰参り、平成25年の式年遷宮に向けて豊橋から伊勢までの新たな観光ルートの提案を目的として進めました。
今年も7月11日、12日で、「平成の舟参宮2009」と題し、伊勢へのええじゃないか行脚を行いました。史実に従い、豊橋吉田湊から仮装した行脚隊の船出のパフォーマンスをと計画しましたが、現在では吉田湊の跡はなく、船着場となる場所もありませんでした。結果、今年も牟呂八幡社からの出発としました。牟呂八幡でのご祈祷後、ご祈祷頂いたお札を、櫓から撒きました。牟呂八幡の氏子の皆様の協力や、ラジオでの告知も手伝って、例年になく一般の方が、牟呂八幡に集まり、お札を取って下さいました。
今年は、東三河と伊勢とのゆかりの地を巡ったバス組(観光型)と、太平洋ロングビーチのサイクリングロードを仮装して走る自転車組(体験型)との二つのルートを提案。2組で伊良湖まで行きフェリーにて鳥羽経由で伊勢へ向かいました。
バス組は、伊勢神宮へ「絹糸」を奉献ということで1,300年の歴史がある「繰糸始式」が行われる神宮神御衣御料所(かんみそごりょうしょ)と伊良湖神社を訪ねました。応仁の乱により「絹糸」の奉納は中断されていましたが、明治になって再興。伊良湖神社の草説は貞観17年(875年)に、伊勢神宮の神御衣神事の為、建設されましたが、明治39年に、陸軍試砲場設置の為、宮山山頂から遷宮をよぎなくされ現在の地に移されひっそりとした神社でしたが、伊勢神宮の縮小版のようでした。
自転車組(銀輪隊)は、豊橋鉄道さんのご協力で、代表3名が自転車を渥美線に乗せて、三河田原で合流。そこからサイクリングロードを伊良湖まで走りました。ええじゃないか豊橋のタスキと、仮装のPR効果もあり、行き過ぎる人々からの応援の声を貰いました。健康・体験がキーワードの昨今、「これは新しい観光素材になる!」が、銀輪隊の感想です。
鳥羽まで向かうフェリーで、イルカを見ることができることを期待しましたが、見られず残念。約55分の乗船は楽しいおしゃべりであっという間に到着。
伊勢YEGと、伊勢の他団体との懇親会は、総勢86名の賑やかな会となり、更にサプライズで伊勢市長も途中からご出席され、伊勢と豊橋の交流の深さに感動しました。
二日目のおはらい町、おかげ横丁の行脚も、伊勢YEGと、他団体の方が20名もの参加を頂き、60名での盛大な行脚となりました。
岐路のフェリーでは、皆ぐっすり寝ていた様。「えっもう着いたの?」と、フェリーの良さを再発見しました。伊勢までの観光ルートの模索から始まり、計画も何度も検討した結果、伊勢との交流である懇親会を含め、充実したええじゃないか伊勢行脚でした。
会議所出発準備2009年10月17日(土)
     
   
         
     
牟呂八幡にてお札撒き
     
   
         
     
         
     
牟呂八幡より銀輪隊出発
     
   
         
     
         
     
         
     
         
   
伊勢ゆかりの地めぐり バス隊
     
   
         
     
         
     
         
   
         
     
バス隊と銀輪隊合流 伊勢湾フェリー&外宮参拝
     
   
         
   
         
     
         
     
         
     
         
伊勢との交流会
     
   
         
     
         
     
バス隊と銀輪隊合流 伊勢湾フェリー&外宮参拝
     
   
         
     
         
     
         
     
         
     
         
   
         
   

 
         
     
         
     
 
 
 
 
 


Copyright (C) 2008 Toyohashi Young Entrepreneurs Group. All Rights Reserved.