ええじゃないか豊橋まつり

第64回ええじゃないか豊橋まつりが10月20日(土)、21日(日)に開催されました。 今年は両日とも秋晴れに恵まれ、大変多くの方がお祭り会場に来場されました。 今年も青年部では「まちじゅうええじゃないか」のイベントとして恒例の「ペイントブース」を設置し、白塗り、フェイスペイント、フェイスシールができるようにし、まちじゅうをお祭り顔で溢れさせる事ができました。またそれと連動した企画の「千客万来でええじゃないか!」も実施しました。この企画は、街中の商店と協力し、お祭り顔の参加者が来店するとふるまい(サービス)が受けられる企画です。今年は204店舗の協賛をいただくことができました。その他、「ええじゃないか!でメダルゲット!!」は、街中のどこかにいる「えええじゃないか行脚隊(ダンディー5)」を探し「ええじゃないか!」の合言葉を言うとメダルがもらえる企画で、多くの子供達がお祭り顔で街中を回遊しメダルを集めていました。「ええじゃないかフォトラリー」ではスマホアプリを使い、街中に設定したフォトスポットを回って写真を撮ってポイントを集めるという企画も行いました。 2日目は昨年中止となった豊橋パレカが行われ、大変多くの来場者が見学をしていました。 今年は次代に繋ぐため「ええじゃないか舞乱行列」が企画され、広小路通りを行列で埋め尽くし、お祭りのフィナーレへと流れを作ることができ、フィナーレ会場も大変盛り上がることができました。 幕末に白塗り仮装で時代を変えるほどのエネルギーを全国に伝播した豊橋発祥の「ええじゃないか」。このエネルギーを、平成最後の豊橋まつりで再現し活気あるお祭りとして、次代に引き継げたと思っております。 最後に、私たち豊橋商工会議所青年部の事業にご理解とご協力をいただいた方々に、心より感謝を申し上げます。ありがとうございました。